PC遠隔操作事件の容疑者として公判中だった片山祐輔被告が、5月19日夜、自ら弁護団に電話をして、「自分が犯人です」と話し、10事件すべてについて関与を認めていたことがわかった。これを受けて20日午前、東京地裁は、片山被告の保釈を取り消した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1322文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。