スイスで毎年1月に開かれる「ダボス会議」。主要国の大統領や首相、知識人、ジャーナリストなど2500人が一堂に会し、世界の未来を論じる場としてあまりにも有名だ。だがここは世界のトップリーダーが互いを厳しく値踏みし合う“戦場”でもある。株価を左右するほどの影響力を持つ真剣勝負の場で、彼らはどのような話術を駆使して闘いに臨むのか。本書は自身もダボス会議のメンバーである著者が、「最高の話術」について考察した異色の本だ。