新興国の成長鈍化という逆風下でも、2015年度に営業利益率20%を目指す。人材育成と技術開発に集中投資し、自動運転の建機などで差異化を図る。現場社員のアイデアを集積させ、購入電力9割を減らした新工場を稼働させる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4361文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。