ゴールデンウイークの後半、久しぶりにニューヨークに出張しました。今さら驚くことではないのかもしれませんが、物価の高さには閉口しました。ホテル代も高いし、家賃なども相当上がっているそうです。そういえば、タクシーで通ったハドソン川沿いでは、不動産王トランプ氏によるマンションが建設のまっただ中。タクシーの支払いをクレジットカードでする際、客が操作する支払い画面に提示される「チップ料」の最低率は、現地の人によると昨年までは「18%」だったということですが、実際に乗ってみると「20%」になっていました。米国景気の底堅さを実感した次第です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り680文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。