メッセージアプリが、既存の通信事業者の成長機会を奪い始めた。韓国や日本のみならず、欧米でも大手キャリアは防戦一方の状況が続く。通信産業における覇権交代の流れは止まりそうにない。