住友化学、トヨタ自動車、キヤノン、東レ。日本企業が社外取締役を導入する動きが加速している。会社法改正で社外取締役を置かねば企業統治体制に疑義が向けられかねず、全社導入時代も間近だ。中には「お飾り」と見られる例も。人材をどう生かし、企業統治の改善につなげるかが問われている。