住友化学、トヨタ自動車、キヤノン、東レ。日本企業が社外取締役を導入する動きが加速している。会社法改正で社外取締役を置かねば企業統治体制に疑義が向けられかねず、全社導入時代も間近だ。中には「お飾り」と見られる例も。人材をどう生かし、企業統治の改善につなげるかが問われている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1349文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年5月26日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。