中国・上海にあるTOTO子会社の工場でストライキが発生した。従業員の要求通り、トップを交代させる異例の事態となった。日中関係の冷え込みは進出企業の労務管理に影を落としている。