ウクライナを巡る欧米諸国とロシアの緊張関係が続いている。今回の騒動は、私にとっては国家のエネルギー政策を考察する大きなきっかけとなった。