過去に国家による強い介入政策、また市場に基づく自由主義政策のどちらでも失敗の経験があるブラジルは、1990年代以降、第3の道として市場、国家、市民社会から成る「社会自由主義国家」を創造しようとしている。