異なる考え方を認める。1973年に入社して以後、2度の大きな危機に直面する中で、私はその重要性を強く認識しました。