「我が社の一番の財産は『人財』です」。こう公言する経営者は多い。だが、バブル崩壊後の日本で横行してきたのは、むしろ人材を使い捨てるような経営だったのではないか。