“低賃金”の象徴と思われがちな派遣労働者の中でも破格の評価を得ている人たちがいる。エンジニア派遣大手のメイテックの従業員だ。エンジニアを1時間派遣して得られる平均単価は、2013年3月期に初めて5000円を突破。2014年3月期は5022円となり、4期連続で上昇している。