非正規社員を限定正社員として雇い入れるだけでは、対症療法にしかならない。近く到来する「採用氷河期」に備え、先進企業は抜本的な対策を急ぐ。日本の労働慣行の課題を放置したままでは、「人財」経営は画餅に終わる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5649文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 さらば使い捨て経営」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。