2014年度中に、主力の居酒屋「和民」や「わたみん家」を中心に、国内にある約640店のうち、約60店舗を閉鎖することを決めた。大規模な閉店を決めた最大の理由は、人材の獲得が難しくなったことだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1951文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 さらば使い捨て経営」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。