2014年度中に、主力の居酒屋「和民」や「わたみん家」を中心に、国内にある約640店のうち、約60店舗を閉鎖することを決めた。大規模な閉店を決めた最大の理由は、人材の獲得が難しくなったことだ。