公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が日本株買いに動き出す。年金改革でリスク資産を増やし、運用対象も大型株から中小型株に広がる可能性がある。世界最大規模の機関投資家の一挙一動が思惑を呼び、アベノミクス相場にも影響を与えつつある。