証券業界最大手の野村の投信販売額が1~3月に半減した。脱・手数料依存への転換と金融庁の規制強化が背景にある。アベノミクスという宴の後の経営改革の道のりは平坦ではない。