中国のEC(電子商取引)最大手アリババ(阿里巴巴)集団は5月6日、米証券取引委員会(SEC)に上場申請した。IPO(新規株式公開)による資金調達額は150億ドル(約1兆5300億円)を超えると見られている。さらに、2012年に上場した米フェイスブックが集めた160億ドルを抜いて、IT(情報技術)企業として過去最高になる可能性もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2036文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年5月19日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。