1956年開業の百貨店、さいか屋川崎店が来年5月に閉店する。理由は建物の賃貸契約の満了。このほど売却先の不動産ファンドから通知を受けた。有力テナントを誘致して収益力を強化していたところだけに、関係者は動揺を隠せない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3006文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。