企業のガバナンスを強化するため、社外取締役の設置を義務化する議論が政府で進められている。株主の視点での経営監視を強化することにつなげ、日本企業の収益性向上や日本への投資を増やす狙いだという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1322文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題