企業のガバナンスを強化するため、社外取締役の設置を義務化する議論が政府で進められている。株主の視点での経営監視を強化することにつなげ、日本企業の収益性向上や日本への投資を増やす狙いだという。