「日本が南極海で実施している現行の調査捕鯨は条約違反」。今年3月31日、国際司法裁判所はこう判決を下し、差し止めを命じた。「敗訴は想像もしていなかった」。日本の捕鯨関係者に衝撃が走った。