農産物の本格的な自由化時代を迎え、農業も生き残りを賭けた戦いが始まる。守り一辺倒の姿勢のままでは、衰退に歯止めを掛けることはできない。現状を打破する5つの改革に取り組んでいけば、その先に再生の道が開ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3534文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2014年5月12日号 38~41ページより

この記事はシリーズ「特集 背水の農」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。