オーストラリアとのEPA(経済連携協定)交渉が大筋合意し、米国とのTPP(環太平洋経済連携協定)交渉も大詰め段階に入っている。豪とのEPAは我々が重要品目と位置付けていたコメ、小麦、砂糖、バター・脱脂粉乳がおおむね除外または再協議となったことを評価している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1721文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 背水の農」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。