基幹部品から最終商品まで一貫して手掛ける垂直統合型モデルへの回帰を目指す。最終商品の競争力を高める、独創性の高い部品を開発するため、組織改革を断行した。業界の逆を行く戦略は、ウエアラブル端末市場を中心に、着実に成果を生みつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5037文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。