仏経済学者トマ・ピケティ氏の『21世紀の資本論』の英訳が3月に出版され、マルクスが再び注目を集めている。そのマルクスの視点から、デロング氏が近年のIT(情報技術)による機械化の影響を分析した。今やホワイトカラーの仕事をも奪いつつある機械化の先に来る世界は厳しそうだ。