商船三井の船舶差し押さえで浮上した、新しい形のチャイナリスク。中国当局は、民間レベルの戦時賠償を「黙認」する姿勢に転じつつある。日本企業は、中国でのイメージ戦略などより抜かりない対策が求められる。