ソニーが新規事業拡大のため不動産業に参入する。本業のエレクトロニクス事業の黒字化が急務な中、真意を疑う声が相次ぐ。不動産業の成否はともかく、ソニーが迷走しているとの印象は拭えない。