米ロと欧州連合(EU)、ウクライナは4月17日、ウクライナ危機の事態打開に向けて合意した。だが、実現は予断を許さない。企業の間では悲観論が広がる。