東京湾岸などに立地する工場群の夜景を楽しむ「工場夜景ツアー」なるものが流行り出したのは、リーマンショックが起こった2008年前後からのようです。ただニッポンの工場は、観光資源として注目を集める一方で、超円高などもあり、国際的な競争力をどんどん失っていきました。それが今、蘇ろうとしています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り675文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2014年4月28日・5月5日号 3ページより目次

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。