従来のケイレツの中では生まれなかった革新を引き出す試みが始まった。資本で結ばれた「血」の関係でも、商流でもない。「知」がつなぐ産業連関が国内生産を強くする。