日産自動車が中国で地場メーカーより安いクルマを発売し、内陸など未開拓市場で真っ向勝負をかける。低価格化は日本車各社に広がっている。長期にシェアが低落する危機感から、高級路線を見直す動きだ。トヨタ自動車、ホンダはHVの現地生産・開発に踏み切る。戦略転換で日中関係などの逆風を跳ね返せるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2436文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年4月28日・5月5日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。