「田舎ガス」と揶揄されてきたLPG(液化石油ガス)が復権の兆しだ。理由の一つに最近、輸入されるLNG(液化天然ガス)の熱量が下がってきていることがある。そのままでは都市ガスには使えないため、熱量の大きいLPGを混ぜて供給している。