トヨタグループの中核商社、豊田通商が事業の多角化に乗り出した。資源や生活関連を中心に財閥系商社の手薄な隙間市場を攻め込む。業界6位から浮上し、脱トヨタを描く成長戦略に死角はないのか──。