トヨタグループの中核商社、豊田通商が事業の多角化に乗り出した。資源や生活関連を中心に財閥系商社の手薄な隙間市場を攻め込む。業界6位から浮上し、脱トヨタを描く成長戦略に死角はないのか──。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5297文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題