技術と組織力、そしてひたむきさ──。日本サッカーの遺伝子を受け継ぐU-17日本女子代表が、2011年のなでしこジャパンに続き、世界を制した。2020年東京五輪の女子サッカーの中核をなす世代でもあり、今後の成長が楽しみだ。6月にFIFAワールドカップを控えた男子代表も、奮起しているに違いない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1584文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。