技術と組織力、そしてひたむきさ──。日本サッカーの遺伝子を受け継ぐU-17日本女子代表が、2011年のなでしこジャパンに続き、世界を制した。2020年東京五輪の女子サッカーの中核をなす世代でもあり、今後の成長が楽しみだ。6月にFIFAワールドカップを控えた男子代表も、奮起しているに違いない。