日中関係は極めて難しい局面を迎えています。両国の状況を見ると、残念ながらこれが簡単に変わるとは思えません。そんな今だからこそ、首相を務めた大平正芳さんの姿が思い出されます。