かつて電話に代表される通信は国家総がかりの事業でした。国土にくまなく電柱を立てて、電線を張る。膨大な投資を必要とする通信インフラの整備はそれゆえ、豊かな先進国、あるいは急成長する国しか実現できませんでした。