1992年の創業以来、赤字が続くハウステンボスを見事再生させた。そのカギは、買収前の徹底的な調査とメリハリの利いた投資だ。「買収前にほぼ勝ちは見えている」と豪語する澤田会長のM&A論。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5772文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題