1992年の創業以来、赤字が続くハウステンボスを見事再生させた。そのカギは、買収前の徹底的な調査とメリハリの利いた投資だ。「買収前にほぼ勝ちは見えている」と豪語する澤田会長のM&A論。