経済産業省は2020年にヘリウムの供給能力が需要を22%下回るとの予測を公表する。先行きの見えないロシア・ウクライナ情勢の混迷が、ヘリウム不足を深刻にしている。主用途の一つであるリニア中央新幹線計画にも影響を及ぼしかねない。