経済産業省は2020年にヘリウムの供給能力が需要を22%下回るとの予測を公表する。先行きの見えないロシア・ウクライナ情勢の混迷が、ヘリウム不足を深刻にしている。主用途の一つであるリニア中央新幹線計画にも影響を及ぼしかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1297文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年4月21日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。