三菱重工業がリチウムイオン電池の生産から撤退する。EV(電気自動車)向け市場の立ち上がりが遅れ、見切りをつけた。一方、将来の需要増に期待して攻める企業もある。優勝劣敗が鮮明になりそうだ。