明治政府で大蔵省官吏を務めた後、実業界に転じ“近代資本主義の父”と仰がれた渋沢栄一は、近代建築の象徴「赤レンガ」ゆかりの人物としても知られる。