明治政府で大蔵省官吏を務めた後、実業界に転じ“近代資本主義の父”と仰がれた渋沢栄一は、近代建築の象徴「赤レンガ」ゆかりの人物としても知られる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り755文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年4月21日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。