景気が回復基調の中、人々は日本ブランドの復活に期待を寄せていた。「ガリガリ君」と「ソニー」は、新製品で見事に業界の常識を打ち破った。14年目を迎えた「ブランド・ジャパン2014」は、ニッポンの“老舗”が躍進した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4938文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。