景気が回復基調の中、人々は日本ブランドの復活に期待を寄せていた。「ガリガリ君」と「ソニー」は、新製品で見事に業界の常識を打ち破った。14年目を迎えた「ブランド・ジャパン2014」は、ニッポンの“老舗”が躍進した。