オランダの電機大手フィリップスは、10年以上も前から抜本的な事業の入れ替えを進めてきた。だが、最近までAV(音響・映像)分野での成功体験から脱却できず、壁に突き当たっていた。ソニーなどが改革の手本とするフィリップスは次の改革として、ソリューション型企業への転換を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5828文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。