オランダの電機大手フィリップスは、10年以上も前から抜本的な事業の入れ替えを進めてきた。だが、最近までAV(音響・映像)分野での成功体験から脱却できず、壁に突き当たっていた。ソニーなどが改革の手本とするフィリップスは次の改革として、ソリューション型企業への転換を目指す。