国内の家電流通を巡るメーカーと量販店の力関係に、微妙な変化が生じ始めた。海外メーカーの攻勢が、小売り優位で進んできた商習慣に変化のクサビを打ち込む。国内メーカーの悲願である市場の“健全化”は、外圧によって果たされるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2777文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年4月14日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。