国内の家電流通を巡るメーカーと量販店の力関係に、微妙な変化が生じ始めた。海外メーカーの攻勢が、小売り優位で進んできた商習慣に変化のクサビを打ち込む。国内メーカーの悲願である市場の“健全化”は、外圧によって果たされるのか。