少子化で総人口が減少する中、高齢者の割合は加速度的に高まっていく。本人が望まなくとも、多くの高齢者が働き続けることは、もはや社会の維持に不可欠だ。シニアも主役として働く社会にさらに必要な3つの取り組みを提言する。