シニアの活性化のためには、制度や企業の努力だけでは足りない。最も必要なのは、夢を実現したいと願う個人の「志」だ。働き盛りの“壮年”として、60代以降も挑戦を続ける人材だけが可能性を拓く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4860文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 シルバー維新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。