シニアの活性化のためには、制度や企業の努力だけでは足りない。最も必要なのは、夢を実現したいと願う個人の「志」だ。働き盛りの“壮年”として、60代以降も挑戦を続ける人材だけが可能性を拓く。