企業が特別なスキルを持った高齢の社員を抜擢して若手の指導などに起用する動きが広がる一方で、高齢の社員が自ら新たな活躍の場を見つけ出すことを企業が側面から支援する取り組みも増えている。