企画課長の頃、当時社長だった素野福次郎さんから「君はアホやから、何が正しいか見極めるのは難しいだろう。だから美しいものを求め続けなさい」と言われました。その言葉が、私の座右の銘になったのです。