40年前の1974年、僕は東京から長野県の茅野市にある諏訪中央病院に赴任した。累積赤字4億円の病院で、病院の立て直しが重要課題だった。だが、それ以上に、地域は深刻な問題を抱えていた。