40年前の1974年、僕は東京から長野県の茅野市にある諏訪中央病院に赴任した。累積赤字4億円の病院で、病院の立て直しが重要課題だった。だが、それ以上に、地域は深刻な問題を抱えていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1526文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。