睡眠時無呼吸症候群(SAS)と言えば、睡眠中に無呼吸状態を繰り返す病気のこと。睡眠の質が低下することによって、日中に強い眠気に襲われるなどの症状をきたす。長距離バスの事故などの報道で耳にする機会があるが、決して他人事では済まされない。米国では1800万人、日本でも200万人の潜在患者がいると言われている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り977文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE(2014年4月14日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。