日本の企業は現場の知恵と創意工夫で成長を遂げてきたが、長期デフレ下の今はトップダウンが問われている。一方、国家は中央集権的なトップダウンの構造を保つ。情報や権限の多くを中央官庁が握っているためだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1584文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。