日本の企業は現場の知恵と創意工夫で成長を遂げてきたが、長期デフレ下の今はトップダウンが問われている。一方、国家は中央集権的なトップダウンの構造を保つ。情報や権限の多くを中央官庁が握っているためだ。