相撲は、国技と言われることの多い競技で、それゆえ、その国際化には、古くから議論が絶えなかった。保守的な好角家の中には、いまだに外国人力士の活躍を快く思わない人々がいる。その一方で、外国人力士の迫力ある取り組みを大相撲の発展に不可欠な要素として歓迎しているファンも多い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1264文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題